So-net無料ブログ作成

やっぱり生がイチバン! [音楽ネタ]

0156.jpg0155.jpg

少しでもエアコンのない場所には居たくない
そんな猛暑が続くなか、本日のレコーディングは
なんと車5分で到着の地元駒沢近辺のスタジオ。
理由は簡単!だるいから・・・(;´∀`) ではなく
大きなブースが必要だからです。(´ー`)

ココ最近の歌物でめっきりと少なくなった、
生のストリングス編成を使ったレコーディング。
それだけ人数も必要で予算と手間がかかります。
でも仕上がり具合はやっぱり、
ゴージャスで素晴らしい作品になる事が多いです。

実は日々無意味として感じるものの一つとして、
生楽器のシミレーションをシンセで作るという
作業があります。
一度はじめるとこれが結構時間がかかる・・・
追求していくとまたこれがキリがないもので、
ただでさえ時間との戦いなのに更に時間がかかる。
で頑張った結果、結局生に勝るものナシ・・・。
やっぱりシンセはシンセとした楽器表現を
させるのが一番だと感じます。

(・"・;) ウッ なんだかオヤジ臭が漂ってきた・・・
こんな事以前は言わなかったんですけどね。(´ー`)
まあ如何に生楽器のシミレーションがシンセで出来るか、
って技量も大切だと思いますので
プロを目指す人は頑張ってください!

まあ何が言いたいのかといえば、
やっぱり生がイチバン!イヤァーン♪
って事・・・でした。(´ー`)




nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

松井光

お仕事お疲れ様です。
生楽器が一番ということに大変共感します。

2つ質問があります。
①レコーディングの際の費用は安藤さんの負担なのでしょうか。事務所の負担なのでしょうか。
②プロの方でNIのSession stringsというソフトシンセを使っている方はいらっしゃるのでしょうか。

お仕事に差し支えのない範囲で教えていただきたいです。
by 松井光 (2010-08-19 06:52) 

ando

松井光さん いつもコメントありがとうございます <(_ _)>
質問に関してですが

①レコーディングの費用は通常制作会社が払います。制作費に応じて生楽器を使うかどこのスタジオを使うか編曲を誰にするか等決定します。なので作・編曲者や事務所が負担するという事は通例ではあまりない事でしょう。

②Session strings なかなか良いって評判は聞きますね。プロでも使ってる人はいるんじゃないかな?ちなみに私はまだですけど・・・。

こんな感じで参考になるでしょうか?        安藤高弘


by ando (2010-08-21 22:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。